オールセラミック

オールセラミック

金属・プラスチックを利用せずセラミックだけで被せもの、詰め物を作る手法をオールセラミックと言います。一般的に今までの治療では金属の素材を利用することが多く、歯や歯ぐきが黒くなったり、金属アレルギーの問題がございましたが、オールセラミックは、金属を利用していないため、金属アレルギーを心配することがなく、変色や劣化もないので、体にすごく優しい素材となります。また、セラミックの白さは、ご希望に応じた色に調整することができますので、オールセラミック治療を行う際は、しっかりご説明をさせて頂きます。

オールセラミックの種類

セラミックインレー

セラミックインレーはオールセラミックで行う詰め物の治療となります。セラミックの透明感が高く、自然な色合いに仕上がります。また、劣化や吸水性が無いため、変色や口臭、虫歯の心配がありません。

オールセラミックアンレー

セラミックアンレーはオールセラミックで行う詰め物のことです。虫歯を除去する部分が大きい場合は、健康な歯を可能なかぎり残し部分的にセラミックを被せる治療を行います。

オールセラミッククラウン

セラミックで行う被せ物(差し歯)の治療の事です。特に前歯の治療に金属(メタルボンド等)を使用すると歯茎や歯が黒くなってしまうため当院ではほとんど前歯の治療はオールセラミッククラウンで治療を行っています。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面をごくわずかだけ削って、歯の表面を一層0.2mm程度削ってセラミックを貼り付ける治療です。歯が変色したり、歯と歯の間に少し隙間がある場合などに有効です。当院では、歯の表面を削らないラミネートべニア スーパーエナメルとの治療を推奨しております。


  • スーパーエナメルについてはこちら
  • ページトップへ