いえさき先生のコラム

精密義歯のかみ合わせ

2014.07.11 かみ合わせ精密義歯

ゴシックアーチトレーサー

精密義歯を作るに当たって、HPで紹介しております通り、すべてのステップを手を抜かず精密に行っておりますが、

その中でも特に咬合採得(その患者さんに合った正しいかみ合わせを決めるステップ)が最重要と考えています。

まず、かみ合わせの高さを決めた後、上の写真のような測定器具(ゴシックアーチトレーサー)を作り、水平的な(前後左右)

かみ合わせの位置を確認します。下顎に付ける装具に着いたピンで上顎に付けた白い描記板にカチカチか咬んだ点と左右前後の

経路を描記するのです。こうすることで、正確な位置決めが可能になります。

単純にヒピンクのワックスを柔らかくして咬み合わさせる方法が一般的ですが、咬んだ時の力のかかり具合やワックスの軟化状態に

左右されるので、狂いやばらつきが出やすく、いつも正確なかみ合せが決められるとは限りません。

精密義歯を作るステップの中で最重要なところです。

 

ページトップへ