インプラント

インプラントについて

インプラントでは、インプラント体(フィクスチャー)と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せて通常の歯のように見える治療法です。

歯が抜け落ちてしまうと、物を嚙むことが出来なくなったり、食べられるものが制限されてしまいます。その上、硬くない物ばかり食べていると、顎の骨などの筋肉が低下し口の中の健康まで維持ができなくなります。

この問題を抱えている患者様ために開発されたのがインプラントになります。

インプラントの仕組み

歯を抜き、穴が開いている箇所にテクスチャーと呼ばれている金属製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せます。

顎の骨にインプラント体(フィクスチャー)をしっかり固定することで、ずれない・抜けない人工の歯を再現することができます。

インプラントを勧める理由

  • 違和感がない

    インプラントは入れ歯のように取り外す必要が一切なく、自分の歯と同じよう使用することができます。

    食事をしても味は変わらず、しっかり噛むことができます。
    また、温冷の感覚が妨げられることもないので、毎日の食事が楽しくなります。

  • しっかり噛むことができ、痛みもない

    直接歯骨に固定することによって、自然な歯と同様にしっかり噛むことが出来ます。

  • 健康な歯を削らない

    インプラント治療では、骨に人工歯根を埋め込むため、他の歯を削ることなく歯を手に入れることができます。

  • 周りの歯に優しい

    入れ歯は、固定するため歯にバネを使用します。そのため、歯に負担がかかり、歯が割れたり、歯周病・虫歯になったりする可能性もあります。
    しかし、インプラントはそのような問題がないのが特徴です。

インプラント治療時の歯科用CTの重要性

  • 確実性<

    歯科専用CTとは、コンピュータを用いた断層撮影とそれを行う装置のことを指します。
    身体の周囲に方向や位置を変え、様々な角度から撮影します。

    コンピュータがデータを処理を行い、立体的な画像で見ることができ、神経や血管、骨の厚みなども確認することが可能です。

  • 安全性

    インプラント治療では、神経や血管の場所がとても重要になってきます。
    しかし、歯科用CTの撮影を行わず、治療を開始してしまうと血管や神経を傷つけてしまう可能性もございます。

    CT撮影をせずにインプラント治療を行うことは、現代ではとても危険とされています。

ページトップへ