インビザラインアライナー使う生活ってどうなの?

2019.06.18 お知らせ

インビザラインは、痛くない・目立たない矯正治療ということで、大人気です。痛くない目立たないとは言っても、アライナーを毎日20~22時間使用するわけですから、毎日の生活がどうなるのか心配もありますよね。

ここでは、インビザラインを使った生活について少しお話しします。

普段アライナーを装着中は、見た目も目立たず、装着感もなれればまったく問題ありません。ただ、食事中は、はずすことになり、食前後にどのように対応すれば良いのかきになるところですね。また、装着時間が長いため、細菌が繁殖しやすいのではないかと気にされている方もおられますね。

食事中の対応について

マウスピース矯正は食事中に装置を取り外せるのが大きな特徴です。従来の装置と比較して、食事の制限が少なく、外食の際でも、専用のケースに入れて、食べ終わったら歯磨きして装着すればOK。ブラッシングもスムーズに行えます。マウスピースはお手入れをして清潔に保てば、ニオイが出ることもありません。

お手入れについて

メーカーによって異なりますが、基本的には歯磨きと同じように歯ブラシと歯磨き粉を使い洗浄する場合が多いです。一般的に洗浄する際は外側、内側ともに力を入れすぎず、弱い力でゆっくり磨き、磨き終わったら十分にすすぎます。すすぐときには熱めのお湯を使用しないこと。熱いお湯ですすぐとマウスピースが変形してしまうことがありますのでご注意ください。

ページトップへ