大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

いえさき先生のコラム

ブログ

乱れた歯並びの原因とは?

①口呼吸
口が開いていると舌は、必ず下顎に落ちています。
舌の正しい位置は、上顎です。
間違った舌の位置は、口呼吸や逆嚥下をお越し歯並びを乱します。
口呼吸で舌が正しい位置にない
舌が正しい位置にある

 
②間違った嚥下(飲み込み方)
飲み込む時に舌が前に突き出したり、口の周りにグッと力が入る飲み込み方(逆嚥下)は、間違った嚥下です。
舌や唇にはとても強い力があります。
間違った嚥下を毎日くり返すことで、歯並びにも影響が出てきます。正しい嚥下は、舌が上顎に吸い上がったまま、口を閉じ口の周りの筋肉が動かない飲み込み方です。

 
③指しゃぶり、態癖(ほほづえ、寝方、片噛み)
指しゃぶりやほほづえ、片側のみで食べ物を噛む、態癖(横向き、うつぶせ寝)なども影響を与え、顎と顔の正常な発育を妨げます。
小さい頃から気をつけること
歯列不正は、予防出来ます。
歯列不正のほとんどが遺伝ではありません。
まずは、口を閉じて鼻で息をすることが大切です。
口がポカンと開いていたら、指で口を閉じさせてあげて
「お口をむすんで、鼻でスースーって息をしてごらん」と声をかけて上げましょう。・