大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

いえさき先生のコラム

デンタルエステホワイトニング審美歯科

従来のホワイトニングとポリリン酸ホワイトニングの違い

 

前回のコラムでポリリン酸について詳しくお話しましたが、

従来のホワイトニングとポリリン酸のホワイトニングはどのように違うのかを比べてみました。

 

 

従来のホワイトニングとポリリン酸ホワイトニングの違い

 

        従来のホワイトニング       ポリリン酸ホワイトニング

                                         

痛み        痛みを感じやすい          痛みを感じにくい

                                         

            白くなる            約3倍程効果がある

          コーティングしない          コーティングする

           着色しやすい           白さが長続きする

特徴         歯を傷つける           歯を傷つけない

           歯を修復しない           歯を修復する

          虫歯予防にならない          虫歯予防になる

                                          

食事        食事制限がある           施術直後の飲食OK

                                          

料金          高額               低価格で安心

                                          

施術期間    次回まで2~3週間の期間が必要     期間を開ける必要はありません

 

 

痛みは比較的感じにくいと言われていますが、個人差があります。

 

また、ポリリン酸で歯の表面がコーティングされることにより

歯への着色を抑え、白さが長続きすることや、

歯の表面を修復してくれるので、虫歯予防にもつながります。

 

従来のホワイトニングでは、歯へのダメージが強いホワイトニング方法でした。

そのため、ホワイトニング直後2~3時間、またはしばらくの期間は

コーヒーや紅茶、赤ワインなどの飲み物や、カレー、着色しやすい食べ物は控えて下さいと食事制限がありました。

ですが、ポリリン酸ホワイトニングは歯の表面をコーティングするため、

歯の着色の再付着を防いでくれます。

施術直後はもちろんずっと食事制限がございません!

そのため、普段通りにお食事していただいて大丈夫です。

 

ポリリン酸ホワイトニングは歯を傷つけずにホワイトニングできることにより、

追加のホワイトニングをするまでに、期間を開ける必要はありません。

次の日でも施術を受けていただけます。

そのため、短期間で歯を白くしたいと思われている方にも

選んでいただきやすいホワイトニングと思います。