大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

いえさき先生のコラム

歯周病

つまようじ法

歯を守るために最も大切なことは歯の病気を予防すること

歯の病気の代表的なものに、虫歯と歯周病があります。特に歯周病は、歯を失う原因の第一位となっており、成人の8割がかかっている罹患率の高い病気として知られています。歯周病は、歯肉炎や歯周炎などといった歯の周りの病気の総称です。歯と歯肉付着した歯垢の中にいる細菌が原因となって、炎症を起こします。進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かして歯がグラグラし、放置していると最後には抜けてしまいます。歯周病はしんこうしていまうと極めて治りにくい病気となってしまいます。

歯周病は日本人の成人のうち、8割がかかっている病気です。初期の歯周病はほとんど自覚症状がありません。気づかない間に悪化してしまうことが多く、自覚症状が出始めたときには、かなり進行していることが少なくありません。

以下に上げる症状が、1つでもあれば歯周病の疑いがあります
・歯を磨くときやリンゴを食べたとき、歯肉から出血する
・歯がグラグラする
・歯肉がときどき腫れる
・歯肉がムズムズすることがある
・口の中がネバネバしてさっぱりしない
・歯と歯の間によく食べ物が挟まる
・硬いものが噛めない、噛むと痛い
・口臭がある
・冷たいものがしみる
・最近、歯が長くなってきたように見える
・歯並びが乱れてきた

いえさき歯科では生活習慣病ととらえ、予防とブラッシング方法に力を入れています

歯周病の原因は、まず歯垢(プラーク)の中の細菌です。このプラークは、正しいブラッシングにより取り除くことができます。つまり、毎日の正しい歯磨きを続けることで歯周病を予防できますし、軽度の歯周病であればブラッシングだけで治ります。当院では歯周病を生活習慣病と考え、正しいブラッシングを中心とした予防と治療をご提案しています。

お口の中の環境や、予防・治療効果を確かめる位相差顕微鏡システム
お口の中には700種類の細菌が生息していると言われています。いえさき歯科では、位相差顕微鏡を用いて細菌を実際に患者さんに見て頂き、歯周病の診断、治療計画への活用、患者さんのモチベーションの向上に役立てています治療の前後の細菌の状況を比較することもでき、次のプロセスに役立てることもできます。

いえさき歯科では、歯科医院で一番大切なことは、歯を磨くことと考えています。

患者さんに正しいブラッシング法を覚えてもらい、習熟して、習慣にしてもらうことを含めて指導させて頂きます。

まずはブラッシングに何か問題がある場合、日常使用されている歯ブラシをお持ちいただき、その上で効果的なブラッシング方法をご指導させていただきますが、初診の段階からV7による「つまようじ法」を主に歯周病治療の一環として導入していただいています。

つまようじ法は、つまようじを使うように歯と歯の間を磨くブラッシング法で、歯ぐきをマッサージする効果が高く、歯と歯の間の歯ぐきが強くなります。つまようじ法を行うと、当初歯ぐきから出血することがありますが、これは歯茎が腫れておられる証拠でもありまして、ブラッシングを続けることで、出血は通常1~2週間で止まります。またマッサージ効果で歯ぐきが強くなって来ます。。

V7ブラシを使った快感ブラッシング
初期段階の治療が終わった後も、再発を防ぐために歯科衛生士が歯周病管理を継続して行います。メンテナンス時にV7ブラシによるつまようじ法みがきをさせていただいてます。術後、すっきりとして快感が得られるのが特徴です。プロによるつまようじ法の快感を一度でもご体験いただければと考えております。

歯に付着した歯垢・歯石などの汚物を徹底除去することが治療です。

進行した歯周病の場合は、局部麻酔を行い、歯ぐきの深い部分に沈着した黒い歯石の除去を行います。また、動揺のある歯は、揺れているうちに抜けてしまうので歯を固定をおこないます。症状が改善し歯周病が安定した後は、正しいブラッシングとプロによる歯周ケアを継続して受けていただくことで、長期にわたって安定した状態を維持することを目指します。歯周病は、安定させることはできますが、治癒することはありません。継続したケアを続けることで安定させていくことが極めて重要です。ケアを継続しなければ、経験上約1年半で再発することが解っています。

歯周病を安定させるすることは全身の健康にもつながります。

糖尿病など全身疾患とも関わりの深いことが明らかになっている歯周病を安定させることで、お口の健康だけでなく、全身の健康も守ることにつながります。
生活習慣病ですから、生活習慣を改善しない限りじわじわと進行していくのが歯周病です。一生涯、自分の歯で生活していくために、適切なホームケアと定期的なプロによるケアを受けてください。

この記事のご相談先:

いえさき歯科

電話06-6624-4500

公式HP