大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

いえさき先生のコラム

かみ合わせコラム口腔機能精密義歯

認知症の患者さんに歯が無い人が多いのはなぜでしょう

先日、神奈川歯科大学の山本先生のセミナーに参加して、フレイルについて学んできました。

その中で、山本先生のお話をご紹介します。

『十数年前、ある介護老人保健施設で、認知症の方のお口の中を拝見する機会がありました。驚いたことに、多くの方はほとんど歯がなく、義歯も使っていませんでした。

どうして歯が無いままにしておくのだろうと疑問を抱きましたが、そのときは、「認知症になったから、歯を失ったのだろう」と単純に思っていました。

しかし、調査を行うと、当初の思いは込みは見事にくつがえされることになります。

じつは、彼ら、彼女らは認知症になったから歯が無いのではなく、「歯を失うことで認知症につながった」ということが明らかになったのです。

私は、2010年から2012年にかけて、認知症の判定を受けていない65歳以上の高齢者4452人を対象に行った過去の追跡調査のデータ(2003年~2006年)を使って、「歯の状態と認知症の因果関係」の分析を行いました。

分析をする前に、すでに私は、「歯を失うと、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まる」など、体にさまざまな悪影響が及ぶことは知っていました。しかし、「歯と認知症」の因果関係については正直なところ半信半疑でした。

しかし、分析結果は歴然で、「歯の状態と認知症」には明らかな因果関係があることがわかったのです。しかも、驚くべき強い関係をもって。

私はその調査結果を、アメリカ心身医学会の雑誌「Psychosomatic Medicine」に発表しました。

その内容は、「歯(とくに奥歯)がほとんど無い人は、認知症の危険度が増す」というものでした。

歯がほとんど無い人は、たいてい奥歯もありません。

「奥歯が無く、義歯も使用していない人」は、自分の歯が20本以上ある人よりも、年齢、健康状態、生活習慣などの影響を除いても、認知小になるリスクが1.85倍高い。

一方、「奥歯が無くても、義歯を使って奥歯でしっかり噛めている人」は、認知症リスクが1.09倍と、歯がある人とほとんど変わりませんでした。

認知症の方々に奥歯が無かったのは、認知症になって歯の手入れができなくなったからではなく、奥歯がないために認知症になったと考えられます。

「Psychosomatic Medicine」誌にその調査結果を発表して9ヵ月後の2013年1月、私はこの研究結果を愛知県歯科医師会の研修会で紹介しました。

さぞや歯科医師のみなさんは驚かれるのではと思っていましたが、意に反して、彼らは一様に「やはりそうだったのか」と腑に落ちたような表情を見せたのです。

というのも、大半の歯科医師たちが診療現場で、「奥歯が無くなるとボケが始まり、ボケが進む」「そんな患者さんであっても、義歯を入れると、意識がしっかりしてきて、表情も明るくなる」といった事実に日々、接していたからです。』

私も以前からこのことは知っていましたが、1.85倍にリスクが上がるとは、驚きですね。

私も、日々の臨床のなかで、患者さんにこういったことをお伝えし、一本でも歯を残せるよう治療に取り組み、また、歯がない患者さんには、よく噛める入れ歯が提供できるように努力していきたいです。