大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

いえさき先生のコラム

むし歯

「食後に歯磨きしてはいけない」という話がありましたが・・・

「食後すぐに歯磨きをしてはいけない」というのが常識化していたことがあります。

ここ数年、私のもとにも、「食後すぐの歯磨きは、歯が削れてしまうのでよくなんですよね?」

と尋ねて来られる方が多おられました。ところが最近は「食後すぐに歯磨きしても、問題ない」という考えにまた代わって来ました。

かなり酸性の強い食品を食べた直後であればそういったことも考えられますが、通常は簡単に歯は削れたりすることはありません。

ではどうして「食後すぐに歯磨きをしてはいけない」という常識が広まったのでしょうか?

その説明は、以下のように云われています。

糖質を含む食事をすると口の中が酸性になり、食後すぐは歯の表面が柔らかい状態になっているため、歯磨きをすると歯の表面を削り傷つけてしまうので、食後30分程度待って、唾液で酸が中和されたときに歯みがきをすれば、歯を傷つけることなく磨くことができる。

話を聞くと、分かり易い説明に思えますが、この主張は、「試験管内の実験」にもとづいています。

その実験とは、歯のかけらを酸性の炭酸飲料に90秒間つけたあと、人の口の中に一定時間戻し、その後に歯ブラシで磨いて、歯がどの程度削られたかを比較したものでした。その結果、口の中にあった時間が30分以上の場合に歯が削られる量が少なかった、というものでした。

その結果をエビデンスに、「食後すぐに歯磨きをしてはいけない」「唾液で酸が中和される食後30分以降に歯磨きをすれば、歯を傷つけにくくなる」という"常識"がひとり歩きするようになったのです。

この結果はあくまで試験管の中での結果であり、私たち人間の口の中と同じと考えるのには無理があれうようです。試験管と私たちの口の中の大きな違いは、口の中には唾液があることです。唾液中にはさまざまなイオンが含まれているので、酸やアルカリが加えられるとそれらと反応し、中性に保とうとする緩衝作用が起こります。

この唾液の緩衝作用のため、炭酸飲料が口の中に入っても、先ほどの実験ほどに表面は酸性にならないのです。

歯が酸によって溶けることを酸蝕といいます。むし歯は、むし歯菌が砂糖から作る酸によって、歯の主成分であるカルシウムやリンが溶かされて起こります。

ちなみに、むし歯以外でも、酸を扱う職人の人が、マスクをしないで日常的に酸の蒸気を吸い込んでいると、前歯の表面が溶かされることが報告されています。

また、酸性飲料を頻繁に飲む人や酸っぱいものが好きな人にも酸蝕が起こりやすいことが知られています。ヨーロッパの調査からは、ワインをよく飲む人に酸蝕が多いことが報告されています。

このことからも、歯磨きで歯が削れやすいのは「食後いつも」ではなく、正しくは「酸性食品の飲食後」なのです。

酸蝕の原因を調べるために、人を対象とした研究も行われていますが、「食後の経過時間との関連はない」という調査結果も出ています。

酸性食品、たとえば「柑橘類」や「柑橘系の100%ジュース」「炭酸飲料」を飲食したあとは、口の中が酸性になります。ただ、ジュース類はサラサラしているため、多くはうがいをするだけでも歯の表面から流れていきます。注意するとすれば、黒酢などを飴上にしてトロリとさせている食品は、酸性の酢が歯に付着し、いつまでも残りやすいため、気を付けたほうがいいかもしれません。

また、加齢などで歯ぐきが下がり、歯根が露出している方は、歯根には酸に比較的強いエナメル質がないので、その部分を磨く際にはとくに、力を入れすぎないように注意したほうがいいでしょう。

そうでなければ、それほど神経質になる必要はありません。

むしろ、食後30分の間にも、むし歯菌は食事で摂った砂糖から酸を作り出していることに注意が必要です。