大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

いえさき先生のコラム

むし歯

以外!こうしてむし歯ができるんだ。

むし歯とは、簡単に申し上げると、ミュータンス菌などのむし歯菌が出す酸によって、歯の主成分のカルシウムが溶かされ、歯がもろくなり、ついには穴があいてしまう病気のことです。

なぜ、むし歯菌が酸を出すかというと、むし歯菌が砂糖をエネルギーに変えて増えるときに生み出されるからです。

酸の分子はとても小さく、歯の表面から歯の内部に入ります。

そして歯を構成するエナメル質・象牙質のどちらにも含まれるカルシウムの結晶が、歯の表面より少し内側のほうから唾液の中に溶け出します。

なぜ少し内側のほうから溶け出すかというと、歯の表面はフッ素を多く含んだ結晶でできていて、酸に対して強く、溶けにくいからです。

この段階ではまだ歯に穴はあいていません。

歯の内部から唾液中に溶けだしたカルシウムは、やがて唾液によって元の歯の内部に戻ります。唾液の中にはもともとたくさんのカルシウムが溶けているので、自然にカルシウムが薄くなった歯の内部に戻っていくのです。

しかし、ここからが問題です。

カルシウムが歯に戻る前に、砂糖を摂ってむし歯菌によって酸が作られたり、作られる酸が多かったりすると、歯の表面のカルシウムまで溶け出して穴があいてしまうことになります。

このようにしてついにはむし歯が作られていくのです。

今後は、むし歯ができるプロセスをよく理解したうえで、効果的な予防法を紹介していくようにします。