歯科Q&A

インビザラインができない場合があるのですか?

2019.07.04

歯や歯茎また顎関節に何らかの異常や病気がある場合は、矯正治療前にすべて治療して治しておく必要があります。小さくても虫歯があると、インビザラインのアライナーと言われる装置を一日20時間以上入れているので、虫歯菌が繁殖しやすくなるため短期間でもすぐに大きくなることがあります。また、歯周病があると同じ理由で、歯垢が溜まり悪化することも考えられます。また、重度の歯周病であれば矯正治療を行うことで歯が抜けるおそれもあるくらいです。顎関節症がある場合は、そのままで歯を動かすことで、症状を増悪させ、顎が痛くなったり、口が開かなくなったすることがありますので、そちらも前もって治しておく必要があります。
歯の数が少なすぎたり、咬合力が強すぎたりなど、場合によってインビザラインだけでは矯正が難しいなどもまれにありますので、まずはご相談ください。

ページトップへ