オールセラミック

美しく健康的に白い歯を実現する
オールセラミック治療の秘密

オールセラミック治療の秘密

むし歯の治療などで詰め物や被せ物をする際、様々な選択肢があります。なかでも、せともの素材のセラミックは、保険適用の銀歯と異なり、見た目が天然歯に近く、白く美しい歯を目指せます。 また、金属アレルギーの心配もありません。このように美しさと健康面を考えた治療を審美歯科治療と呼びます。今回は患者さんにとって、多くのメリットがある審美歯科治療におけるオールセラミックの治療をご紹介します。

オールセラミックとは?

オールセラミックとは?

以前は詰め物や被せ物に関しては、銀歯や金歯などを詰めることが一般的でした。しかし、最近では見た目や健康面に関わることからセラミックが注目を集めています。そして、内側に金属を使用せず、素材全てにセラミックを用いる治療をオールセラミックと呼びます。金属を使用しない100%セラミックスは自然な透明感が魅力です。

オールセラミックはこんなお悩みに対応しております

  • 歯の形が気になっている
  • 以前歯科治療で入れた銀歯を取りたい
  • お口の中を健康に保ちたい
  • 自然な白い歯を目指したい
  • 出来るだけ長持ちさせたい

オールセラミックのメリット

美しい見た目

美しい見た目

保険診療が適用される銀歯は口を開けた際に目立ってしまうので、笑うことにコンプレックスを持つ方が多くいらっしゃいます。また、比較的自然な見た目が実現可能なコンポジットレジンと呼ばれる素材でも、時間が経つにつれて、変色を起こします。 それに対してセラミックは時間が経過しても、傷が付きにくく劣化が起きづらいのが特徴です。透明感があり、エナメル質に近い色合いを再現できるため、笑ったときの印象が大きく変わります。

金属アレルギーの心配が無い

金属アレルギーの心配

金属素材を詰め物や被せ物として使用する際、一番の問題点は金属アレルギーです。金属はお口の中に入れていると、徐々に成分が溶け出して身体に取り込まれます。 場合によっては、金属アレルギーではなかった人も、頭痛や眩暈、自律神経失調症など様々な不定愁訴(原因が特定できない不調)の原因に繋がると言われているのです。そのため、セラミックを使用することは、身体の健康を維持する上でも大きなメリットになります。

黒ずみが起きない

黒ずみ

銀歯などの金属の詰め物は、時間が経過すると、金属イオンが溶け出すことがありました。すると、補綴物との境目にブラックライン(黒い線のようなもの)が生じます。この傾向は、加齢により歯茎が痩せると、歯根が露出することでより目立ちます。セラミックは陶器素材のため、長期間使用しても黒ずみなどが起きず、安心してご利用いただけます。

二次カリエスが起きづらい

二次カリエス

虫歯のことを英語で「カリエス」と呼びます。そして、銀歯などの金属が劣化し、歯と補綴物との間に境目が出来て、そこから虫歯になりやすくなる現象を「二次カリエス」と呼びます。それに対してセラミックは、接着性に優れていることから、健康な歯との境目に問題が生じにくく、二次カリエス予防に繋がるのです。また、歯垢(プラーク)などの汚れも付着しにいことから、虫歯や歯周病の予防効果も抜群です。

オールセラミックのデメリット

セラミックは衝撃に弱い

セラミックは衝撃に弱い

セラミックは十分な硬さを持ちますが、反面衝撃に弱く、割れやすいといった欠点があります。そのため、歯ぎしりなどが酷い場合などは適用が難しいケースがあります。

大きく歯を削る量が多くなる可能性がある

歯を削る量

被せ物に使用する場合、セラミックは強度面から厚みが必要であり、金属のものに比べて少し削る量が多くなることがあります。

治療費が自費となる

治療費が自費

自由診療となるため、保険診療に比べて値段が高くなってしまうことがデメリットです。費用対効果を考えて治療法を選択する必要があります。

オールセラミックの種類(一部)

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックインレーはオールセラミックで行う詰め物の治療となります。セラミックの透明感が高く、自然な色合いに仕上がります。また、劣化や吸水性が無いため、変色や口臭、虫歯の心配がありません。

オールセラミックアンレー

オールセラミックアンレー

セラミックアンレーはオールセラミックで行う詰め物のことです。虫歯を除去する部分が大きい場合は、健康な歯を可能なかぎり残し部分的にセラミックを被せる治療を行います。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

セラミックで行う被せ物(差し歯)の治療の事です。特に前歯の治療に金属(メタルボンド等)を使用すると歯茎や歯が黒くなってしまうため当院ではほとんど前歯の治療はオールセラミッククラウンで治療を行っています。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面をごくわずかだけ削って、歯の表面を一層0.2mm程度削ってセラミックを貼り付ける治療です。歯が変色したり、歯と歯の間に少し隙間がある場合などに有効です。当院では、歯の表面を削らないラミネートべニア スーパーエナメルとの治療を推奨しております。


  • スーパーエナメルについてはこちら
  • いえさき歯科のセラミック治療の特徴

    当院では、患者さんのご要望に応えられるよう、オールセラミックの被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)など様々な種類をご用意しております。また、他の歯の色との調和を考えて治療を行うので、不自然な白さにはなりません。現在セラミック治療は、歯の美しさだけではなく、唇の形やほうれい線を解消する効果も期待できることから、接客業の方や結婚式を控えた新郎新婦など、多くの患者さんから相談が寄せられています。実際にセラミック治療を受けたあと、生き生きとした笑顔を手に入れられる方を大勢見てきました。

    このようにセラミックのメリットはたくさんありますが、強い衝撃に弱いなどのデメリットもあります。そのため、当院ではなんでもセラミックを勧めるのではなく、一人一人の患者さんのお口をチェックした上で、適用可能か判断いたします。もし、セラミックが適用対象外でも、早めにお越しいただければ、様々な治療の選択肢を提示できます。是非困ったことがあればどんなことでもお気軽にお問合せ・ご質問ください。

    オールセラミックに関するよくある質問

    保険適用で白い歯を目指せるレジンとの違いは何でしょうか?
    Aレジンもセラミックと同様に白い歯に出来ますが、時間が経つと劣化しやすいデメリットがあります。また審美性はセラミックに比べると劣ります。
    ホワイトニングとの違いは何でしょうか
    ホワイトニングは薬剤を使って、光で歯を漂白する方法です。そのため歯を削らずに美しい歯を目指せます。ただし、セラミック治療のほうが、歯や唇の形を含めて審美的に優れた治療が期待できます。
    治療回数はどれぐらいでしょうか?
    一例として、オールセラミッククラウンの治療をあげますと、最短2回です。1回目で歯を削って型取り、そして仮歯を装着。2回目には本体を装着し治療の完成となります。ただし、カウンセリングや検査の度合い、患者さんの歯の状況によって回数は大きく変化します。
    セラミックを奥歯に用いても大丈夫でしょうか?
    ほとんどの場合で問題ありません。ただ、患者さんのお口の状態によっては、噛み締める力が強すぎてセラミックを使えないケースがあります。
    保険は適用できますか?
    オールセラミックなどの審美歯科は保険適用ではありません。
    ページトップへ