iTeroエレメント2

iTeroエレメント2とは?

iTeroエレメント2(アイテロ エレメント2)とは・・

  • 米国アラインテクノロジー社が開発した、光学印象口腔内スキャナー&システムです。
  • iTeroエレメント2は、スタイリッシュでスリムな21.5インチのモニターが導入され、高解像度の画像データを高速処理し、短時間の口腔内スキャンが可能になりました。
  • iTero  element2では、お口の中をスキャンすることでスキャンしたデータを3次元化し、歯科矯正装置(インビザライン)の型取りの精度を上げるだけでなく、歯の被せなどの補てつ物の作製、歯科模型の設計及び、製造に使用できます。
  • インビザライン矯正では治療前後をシミュレーションすることができます。治療後の歯並びがどんなふうになるのか?と画像があることでイメージがつきやすく、より安心して矯正治療ができます。
  • iTeroエレメント2
  • iTero element2

iTeroエレメント2 導入前の治療方法はこちら

治療の流れ

01.先端カバー取り付け

口腔内スキャナー先端のカバーを取り付ける。iTeroエレメント2では衛生のためにスキャン専用の先端カバーを取り付けます。カバーは患者様1人1つ使い捨てですのでご安心下さい。

02.乾燥

お口の中を乾燥させます。
iTeroエレメント2では以前までのシリコン印象による歯型採りの不快感は無いです。お口の中には唾がありますので、精密にスキャンするために唾を綿でぬぐい、お口の中を乾燥させます。

  • iTeroエレメント2
  • iTero element2

03.スキャン開始

スキャンを開始していきます。
今までのシリコン印象での歯型採りは型取りのトレーを合わせたりしなければならなかったのですが、すぐにスキャンを開始することができます。
下の歯からスキャナーをお口の中に入れて、噛む面、歯の裏側、歯の表側と順番にスキャナーを当ててスキャンしていきます。

  • iTeroエレメント2
  • iTero element2

04.スキャン確認

スキャンを開始していきます。
今までのシリコン印象での歯型採りは型取りのトレーを合わせたりしなければならなかったのですが、すぐにスキャンを開始することができます。
下の歯からスキャナーをお口の中に入れて、噛む面、歯の裏側、歯の表側と順番にスキャナーを当ててスキャンしていきます。

  • iTeroエレメント2
  • iTero element2

05.上の歯のスキャン

下の歯のスキャン後に上の歯のスキャンを行います。上の歯も同じように噛む面、歯の裏側、歯の表側と順番にスキャナーを当ててスキャンをしていきます。

  • iTeroエレメント2
  • iTero element2

06.噛み合わせのスキャン

上下のスキャン、スキャンの確認ができたら、次は噛み合わせのスキャンを行います。噛み合わせは今の噛み位置を確認し、歯をかみ合わせた状態でスキャンします。

  • iTeroエレメント2
  • iTero element2

07.スキャンデータ再確認

スキャンデータの保存前にもう一度再確認を行います。ここではスキャンが不鮮明な部分がより詳細にわかりますので、再確認して、不鮮明な部分だけの再スキャンをします。

  • iTeroエレメント2
  • iTero element2

08.データ保存

スキャンが全て終了しましたら、すぐにiTeroの専用クラウドサーバーに保存します。

  • iTeroエレメント2
  • iTero element2

09.インビザラインアウトカムシュミレーター

スキャン後はインビザラインアウトカムシュミレーターで矯正前と矯正後の治療イメージをすぐに作成することができます。

  • iTeroエレメント2
  • iTero element2
  • iTero element2

iTeroエレメント2特徴まとめ

  • iTeroエレメント2では全てのスキャンに最短15分から30分でスキャンできます。
  • 以前の歯型採りの不快感がなく、おう吐反射の強い方でも精密なデータをとることができます。
  • アウトカムシュミレーターですぐに矯正治療前後の状態が確認できます。
ページトップへ