治療実績

CTを利用した治療②

2019.04.17 CTを利用した治療

患者様

41歳男性

初診

2012年3月2日

主訴

右上3の前装冠脱離。
クラックが入っていたので、抜歯を勧めるが絶対抜きたくない訴えるので保存を試みる

バイトが深くブラキシズムやTCHが疑われる
夜間のバイトプレートの装着を勧める
右上3はヒビが入っていたが抜歯せずに根治をして保存することにした。

2012年5月2日にレジン前装冠を装着バイトプレートを夜間装着し歯を保護することに

2013年6月25日
右上3の脱離
ヒビが大きくなり1年1ヶ月しか保たなかった
マウスピースは、作製し装着したがその後あまり使っていなかった。
抜歯したくないので、ひとまず再着

上記は、2013年7月02日時点

画像は2017/11/22撮影
2017年12月6日まで脱離しては何度も再着をくり返す。
12月27日もう限界なので抜歯を薦め同意
抜歯後は、インプラントを希望

2018年3月18日
インプラント埋入オペ当日、患者さんの負担を減らすために抜歯即時で埋入を行ったジンマースプライン3.75mm×11.5mmを埋入

2018年7月4日
オペから4か月が経過したので、プロビジョナルを装着することになった。

2018年7月11日
プロビジョナル装着

2018年7月4日
審美性を持った歯肉の形態を回復するのが難しい

2018年7月11日 撮影

2018年8月16日
天然の歯肉に近い形態が回復できたので上部構造を作製することした

2018年9月06日
色合わせを行います



2018年9月06日
上部構造の装着

2018年9月19日
上部構造装着後約2W

ページトップへ