大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

いえさき先生のコラム

矯正歯科

筋機能矯正に使用するトレーナー

成長期にの子供たちの約75%は、不正咬合や好ましくない顔貌の発達をしています。軟組織の機能障害が主な原因です。

 

目次

歯列矯正の問題は、何か?

多くの子供に不正咬合や望ましくない顎の発達が見られます。

研究者の報告によると、間違った筋機能の習慣ととして知られている口呼吸した癖、逆嚥下、指しゃぶりなどが不正咬合の原因であることがわかっています。これらの癖は、こどもの頭蓋と顔貌の発達を妨げ、その結果、歯列矯正の問題を引き起こします。

 

 

ブラケットによる矯正治療の限界

 

従来のブラケットによる矯正は、

効率的に歯を並べることができますが、それを維持するには長期にわたり保定装置が必要です。さらに歯根吸収が、あらゆるケースで生じるということが、研究によりわかっています。ブラケットによる矯正治療の有効性は、永久的なものではありません。

トレーナーやマイオブレースは、どのように働くのか

MRC(マイオファンクショナルリサーチカンパニー トレナーを製造販売している会社)は、

成長期における子供たちの筋機能の習癖を改善するための装置のパオニアであり、ブラケットを用いない歯列矯正を実証してきました。この治療は、成長期における子供たちのより良い顔の発達につながります。この治療のカギは舌の位置と機能であり、鼻呼吸と口腔周囲筋の正常な機能が習慣づけられます。さらに小さい力を与えることで顎の拡大をして歯を並べます。マイオブレースは、舌が正しく位置するよう効果的に訓練し、口腔筋も再訓練します。マイオブレースは、舌が正しい位置に来るように訓練して、正しい飲み込み、呼吸をするようにそくします。正しい舌の位置とダイナミコアの効果により、アーチの形と歯列を改善します。