インビザラインであれば、急なライフスタイルの変化があっても大丈夫!

2019.06.17 お知らせ

治療を始めたものの急な転勤や引越しが決まった場合などは、かかりつけの歯科医師に見てもらえなくなってしまい、心細いかもしれません。しかし、マウスピース矯正は、装置を自身で付け替えることができるため、比較的少ない通院頻度で治療を行うことができます。2~3か月に一回の来院でも十分対応できますし、遠方に転居され、どうしても来院がしにくい状況になったとしても6か月に一回の来院となった場合でも対応できます。当院でもフィリピンに移住され、6か月に1回年間2度の来院で完治された例もあります。長期に及ぶ治療になりますので、生活スタイルも大きく変わることがあり、転居・転職・結婚・転勤などがあっても慌てることなく治療を続けることも可能です。

ページトップへ