いえさき先生のコラム

インプラント矯正とは

2014.12.11 インプラント矯正歯科

図1図1

インプラント矯正とは?

インプラント矯正」はインプラントの技術を活かした矯正方法のことです。「インプラントとインプラント矯正って同じもの?」と混乱してしまいますよね。しかし同じではありません。 よく聞くインプラントとは、アゴの骨に人工歯根を埋め込むことで人工歯をしっかり固定させ、自分の歯と全く同じようにかむことができるものです。この「骨に人工物を固定する」というインプラントならではの技術を矯正治療応用したのが、インプラント矯正。矯正専用のインプラントをアゴの骨に埋め込み、インプラントを支点に動かしたい歯をひっぱることで、より短期間に効率よく歯の矯正を行うことができます。 これまで歯の矯正を行うには、ワイヤーで歯同士をひっぱり合う方法が一般的でした。治療期間が短くなり使い方によってはこれまで難しいとされてきた治療も簡単に行うことが出来るようになりました。厚労省の認可済みですので、安心な治療法として認めれれています。

インプラント矯正のメリット・デメリット

インプラント矯正のメリットは、なんといっても「短期間で効率よく歯の矯正ができる」ということでしょう。これまで考えられない短期間での矯正が可能になります。また、がっちりと骨に固定されたインプラントを支点として、矯正が必要な歯を効率よくひっぱることができるため、矯正のために健康な歯を抜くといった問題も解消されます。 「ガミースマイル」と呼ばれる、笑うと歯茎が必要以上に見えてしまう状態を改善するためにも、インプラント矯正は有効です。これまでガミースマイルは外科手術をほどこさなければ治らなかったところが、インプラント矯正によって歯列全体を引き上げることができるようになり、切開手術なしに治療できるようになりました。 ただし、インプラント矯正をするにはインプラントを埋め込む手術を受けることが不可欠となります。埋め込む深さは2~3ミリと非常に浅く、矯正が終われば取り出されて跡が残ることもありません。非常に安全と言われていますが、埋入した後に周囲の清潔を保っていないと虫歯や歯周病になりやすくなる傾向が強くなります。

インプラント矯正術式1

インプラントアンカー術式

ページトップへ