いえさき先生のコラム

U字型の歯並びが理想的です。

2019.08.01 かみ合わせコラム

正常な顎に正しく並んだ歯並びを真上から見たとき、乳歯のときは上の顎のアーチは浅いV字形を示し、大人の永久歯列は下顎の成長とのバランスによって前後左右に徐々に広がっていき、U字形のアーチになります。つまり、上顎では乳歯列のときは家の屋根のような小さなV字形をしていますが、大きくなって永久歯になっていくにつれて大きいU字形になっていくのが正常です。下顎は、正常な乳歯列も永久歯列もU字形のアーチを形成します。そして上の歯列が下の歯列に自然にかぶさっていれば正常な嚙み合わせといえます。ちなみに正常な嚙み合せのときの上と下の歯の関係は、上の歯が1歯に対して下の歯が2歯という関係です。永久歯列に生え変わっても上顎のアーチが乳歯のときのようなV字形だったり、下の歯が上の歯列にかぶさっている(反対咬合)ようであれば、それは不正咬合ということになります。不正咬合の場合は、当然、嚙み合わせもおかしいはずです。

ページトップへ