大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

いえさき先生のコラム

Eラインで横顔の美を評価

矯正治療を行う際の基準として用いられるのが、E(Ethetic)ラインです。横顔の鼻と下顎の先を結んだラインのことで、唇がこのラインと一致するか1ミリほど内側に入った状態が、日本人では理想とされています。

Eラインより唇が大きく突き出ていたり、逆に引っ込んでいる状態は美しくありません。

Eラインは鼻の高さや顎の出方によって変わりますので、西洋人では5ミリくらい内側に入った状態が理想的なようです。日本人の場合、あまりに内側に入っていると入れ歯を外したお年寄りのようになり、老けて見えます。

イーラインモデル大西

Eライン(E-line)とは、歯科医ロバート・リケッツが1954年に提唱した美の基準のひとつで、
人間の横顔で鼻骨の先と顎骨の先を直線で結んだラインのこと。
軟組織分析法の一つで「軟組織のオトガイ(頤)部と鼻先を結ぶ線」の事である。
この基準では上下唇がこの線上に触れず、やや内側にある口元が横顔として理想的といわれている。