歯科Q&A

通常の矯正と比べて治療期間が長くかかってしまう?

2019.06.13

各ステージで動かす距離が、0.25㎜(1/4㎜)とは少ないため、どうしても時間がかかってしまう傾向が、あります。また、装置を作り替えるつど1ヶ月近くの時間を要しますので、時間ロスも多いです。時間が、かかることが唯一の欠点となっていましたが、素材の絶え間ない改良による交換間隔の大幅な減少により、治療期間の短縮が計られています。また、加速装置の開発により治療期間を1/3できる商品も販売されるようになっています。

ページトップへ