いえさき先生のコラム

筋機能訓練を取り入れた矯正治療

2017.04.03 口腔筋機能療法小児矯正矯正歯科

筋機能訓練を取り入れた矯正治療

トレーナーを入れているだけでは治るものではありません! 筋機能トレーニングが極めて重要です!

いえさき歯科では、子供たちの口の筋機能習癖改善のために、トレーナーの装着と口腔周囲筋のトレーニングを行っています。トレーナーは歯を動かすためのものではありません。改善された筋肉がきれいな歯並びを作っていくのです。藤木辰哉先生の「お口でこんな動きできるかな?」というテキストブックを使って口腔周囲筋のトレーニングを行っています。

この本には、幼児から高齢者まで役立つ、基本的な口の動かし方と、機能を高める方法が紹介されています。 ブクブクうがいや、舌と口蓋の間にアメをはさむなど、簡単にみえても、やってみると案外難しい動き、しかしできた方がよい動きを、特別な道具を使うことなく身につけるトレーニングブックです。 イラスト中心の患者さん説明用のページ(コピーして使える)と、指導者用ページから構成されており、誰にでも簡単に理解できるよう、専門用語を極力使わず解説しています。

 

トレーニングによる好ましい結果として、良好な顔の発育と遺伝発生的な全可能性を達成することができます。(つまり本来、誰でもきれいな歯並びになる素因をもって生まれてきているのです。) その他にも口腔周囲筋の機能の改善は、正しい呼吸をすることを可能にし、姿勢やアレルギーの問題を解決してくれます。 早期に始めるほど子供たちは生涯に渡り、正しい口の筋機能習慣を身につけ、顎の成長ときれいな歯並び、顔の好ましい発育を得ることができるばかりでなく、正しい呼吸により病気にかかりにくい強い身体をつくることができるのです。MFTでお顔の筋肉を鍛えることで、フェイスラインをスッキリ引き締める効果もあるといわれています。(美容のための大人への応用)

ページトップへ