大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

歯科Q&A

カテゴリー:

歯周病

Q
歯周病かどうかを調べるには?
A

歯周病かどうかを調べるには、様々な検査を行い

1本1本の歯の歯周病の状態を調べます。

歯周ポケット検査はプローブという器具を使って

歯ぐきの中の状態を調べます。

歯の動揺度検査は調べたい歯をピンセットで挟み動かして

その時の動く状態によって歯周病の進行度を調べます。

X線写真検査は直接目で見ることのできない部分を調べる事ができ

歯を支える骨の状態、歯石が付いているかどうかなどを

確認することができます。

歯周病は知らない間に進行し、もしかして・・・と思ったときには

手遅れになってしまう事もあります。

歯周病になる前に定期健診で予防しましょう!

Q
歯周病ってなんですか?なぜ歯周病になるの??
A

歯周病とは、放っておくと歯を失ってしまう

歯ぐきと歯を支える骨の病気です。

歯周病の原因菌を含むプラーク(細菌の塊)によって

炎症が起こります。

歯周病は歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯周病原菌と

全身や生活習慣の問題からも起こります。

例えば、清掃不良によって口の中の菌が繁殖し歯ぐきを攻撃したり

喫煙などは血行障害を起こし口の中の抵抗力が弱くなります。

歯ぎしりやくいしばりなどは無意識のうちに過大な力が加わる事で

歯を支える骨に負担がかかります。

その他の原因としては、糖尿病やストレス、片寄った食生活

薬剤服用なども歯周病の進行を促進するのです。

もし、痛みがなくても歯周病かも?と思われたら

早めに歯科に受診することをお勧めします。

 

 

 

Q
歯周ポケットの検査ってなに?
A

歯医者さんに行くと針みたいな物で歯ぐきを

チクチク刺されたような経験はありませんか?

実際は歯ぐきを刺しているのではなく

歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)に

プローブという器具を使って挿入しているのです。

ごく軽い力で深さを測ったり歯や歯ぐきの内側を

触って状態を確認しています。

そのときにチクチクと痛みがあったり

痛みがひどい場合は歯周病が進行しているかも

しれません。

歯周ポケットの深さの違いによる目安としては

2mm以下は健康・2~6mmは歯周病の可能性がある

6mm以上は歯周病が進行している可能性があるです。

検査によって歯周ポケットの深さや出血などから

歯周病の進行程度や炎症の有無が分かります。

プローブを使うことにより、プローブから伝わる

感覚で見えない部分の歯の根の形や

歯石の有無なども知ることができるので

歯科ではとっても大切な検査のひとつです。

Q
プラーク(歯垢・しこう)ってよく聞くけどなんですか?
A

プラークは白っぽいクリーム状のもので、糊のような粘着性で歯の表面に

くっつきます。

特に歯ぐき沿いや歯と歯の間、歯の溝に溜まります。

プラークを食べ物のカスだと思っている方も多いと思いますが

実際は細菌の塊りです。

プラーク1m中の細菌数は10億と言われており、むし歯や歯周病の

原因となる菌を多分に含んでいます。

お口の中の健康を守るためにはプラークをしっかりと取り除く

必要があります。プラークは歯にべっとりとくっついているので

口をゆすいぐだけでは取り除くことはできません。

歯ブラシとデンタルフロスなどを使って丁寧に取り除き

磨き残しがないように日常のケアをしてくださいね!