お口ポカン

2018.09.30 お知らせ

食べたり、飲んだり、話したりするとき、唇がしっかり閉じる力が大切です。

こどもの時に発達が、悪いと将来虫歯や歯周病などに悩まされることにつながります。

お口ポカンを続けていると歯や口に限らず全身的に様々な問題を起こす可能性があります。

例えば以下のような問題と関係しています。

集中力の低下

誤嚥性肺炎

免疫力低下

アレルギー疾患

睡眠時無呼吸症

口腔感想

唾液機能低下

虫歯や歯周病

歯並びやかみ合わせの異常

舌や唇や頬の筋力や機能の発達障害

お口ポカンは、お口の機能の発達を阻害するとても悪い習慣となっています。

もしも、ご自分のお子様のお口ポカンに気づかれたら、即刻やめるようにしてください。

やめられない場合は、歯科医院でぜひご相談ください。

ページトップへ