歯はいつも動いている。抜いたらすぐにあとの処理を

2019.06.27 お知らせ

歯列はいつも後ろから前へ押し出されています。特に乳歯から永久歯に生え変わるときは一番奥にある第二臼歯や親知らずが生えようとして、前へ前へと前列の歯を押しています。また、虫歯で歯を1本抜いたとします。抜歯したその日から周りの歯はその周りの隙間を埋めようとして歯列の後ろから前へと移動し始めます。歯が移動することによって歯列の土台である歯茎の形も変わってきます。こうなると当然嚙み合うべき上下の歯の法則はくずれ。嚙み合わせにズレが生じてしまうのです。たった1本の虫歯のために歯並びが狂い、歯茎が変形し、嚙み合わせが悪くなってしまうというわけです。放っておくと年齢が高くなればなるほど、歯の自然の動きによって歯並びはガタガタになり、嚙み合わせも悪くなって、治すこともたいへんになります。また、嚙み合う歯の相手がいなくなった場合は、その歯が飛び出してきます。そして、それによって顎関節や嚙むための筋肉のバランスに異常をきたし、不定愁訴を引き起こしてしまいます。抜歯したら、歯並びや嚙み合わせの異常を招かないよう、早く義歯を入れるなど、きちんとした処置をしてもらいましょう。

ページトップへ