歯科矯正でも目立ちにくい新しい矯正方法

2019.06.28 お知らせ

矯正治療をしてみたいけど、ギラギラした矯正装置が口の中に入ること考えると、躊躇して治療にふみきれないと言われる方も多いです。

そういった場合に、見えない矯正を選ばれる方も多いです。

見えない矯正には、主に2種類の方法が、あります。

ひとつは、裏側矯正です。装置を、歯の裏側に着けるので、外から人の目にふれることは、一切ありませんので、安心です。もう一つは、マウスピース矯正です。

ここでは、マウスピース矯正について少しお話しします。

マウスピース矯正とは!

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する、画期的な矯正方法です。一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

目立ちにくい矯正

透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)は従来のものと比較して非常に目立ちにくい装置です。「歯並び悩んでいて治したい。だけど目立つ治療はイヤといった要望に応える最新の矯正方法といえます。

見えない矯正については→こちらこちら

 

ページトップへ