いえさき先生のコラム

ラミネートべニアとスーパーエナメルの違いって?

2015.04.25 コラムラミネートべニア審美歯科

スーパーエナメルとラミネートべニアの違いが解らないとよくご質問いただきますので少しそれについて述べてみます。

ramineto2 superenamelonepiece11

まずは、ラミネートベニアってどんな治療でしょうか?

ラミネートベニアとは、歯の表面をごくわずかだけ削って、歯の色をした薄い板を貼り付けて見かけを改善する方法です。歯が変色したり、歯と歯の間に少し隙間がある場合などに有効です。このような場合、以前は歯の全周を大きく削って、その上に白いかぶせもの(メタルボンドなど)を入れるのが普通でした。ところが、メタルボンドをかぶせるためには、健康な歯を大きく削る必要があります。ラミネートベニアは表面を0.5mm程度削れば良いので、処置が簡単で、歯の神経にも影響はありません。
ラミネートベニアの歴史は意外に古く、1920年代にハリウッドの映画スターが撮影用に用いた取り外し式のものが最初といわれています。
今から20年ぐらい前に、歯の色をしたプラスチック(レジン)を表面に貼り付けることができるようになりました。けれども、プラスチックは柔らかく水を吸う性質があるため、色が変わったり、表面がすり減ることが問題でした。そこで、プラスチックに代わるものとして、セラミックを用いたラミネートベニアが登場しました。ポーセレンラミネートベニアは天然の歯に近い色や光沢をもっており、色が変わったり、表面がすり減ったりすることはほとんどありませんが、初期のものは脆く材質の強度に問題がありました。最近は、セラミックなどの材料が進化したおかげで、じょうぶになっただけでなく、貼り付ける接着剤もとても良くなったので、割れたり、はがれたりすることがほとんどなくなりました。
ラミネートベニアは、変色した歯や、位置や形が少し不自然な歯に使われます。

それに対してスーパーエナメルとはどんなものでしょうか?

スーパーエナメルは、従来のラミネートべニア法をさらに発展、改良した削らない審美歯科治療法です。ひとことで言えば、削らないラミネートべニア法とも言えます。
従来のラミネートべニアはベニアの厚さが0.5㎜くらいであるのに対し、スーパーエナメル療法で使用する最新・最強のヨーロッパの世界的歯科材料メーカーイボクラー・ビバデント社の主力商品であるセラミック材料e-max thin veneerは、0.1㎜~と、ラミネートべニアより薄くなったことで、歯を削らないで歯の表面につけ爪感覚で貼りつけることが可能になりました。従来のラミネートべニアのように歯を削ることはしないので、元の状態に戻すこともできます。つまり、失敗というリスクのない、安心・安全、短期間(2回の来院)、そして殆ど痛みもない極薄ベニアによる最新の審美歯科治療法であり、歯を傷つけないラミネートべニア法とも言えます。
この理想的な審美治療を実現してくれるのが、0.1㎜~という極薄にもかかわらず400Mpaという歯のエナメル質とほぼ同じ強度の最新・最強の歯科素材e-max thin veneerなのです。その意味からすれば、スーパーエナメルは最新のラミネートべニア法、または最先端のラミネートべニア法、少し大げさですが、最強のラミネートベニア法、スーパーラミネートベニア法と言えるかもしれません。
従来確立された治療法であるラミネートべニア法に最新素材を使用することで確立した最先端の審美歯科治療法がスーパーエナメル療法です。ラミネートべニア法とe-max thin veneerの融合によりできたのが、スーパーエナメル療法なのです。

貴方も、スーパーエナメルを体験してみませんか?

治療法も素材も安心・安全、その上歯を削らないから痛くない!つけ爪のように歯の表面に貼りつけるだけの審美歯科スーパーエナメルを体験してみませんか?いえさき歯科でも「スーパーエナメル療法」に取り組み始めました。

スーパーエナメルの無料相談を随時実施しておりますので、ご興味の湧いた方は、ぜひお問い合わせください。ご希望の方は、電話口で「スーパーエナメル無料相談希望」とお話し下さい。

現在キャンペーン継続中!1本3万円~ 詳しくは⇒こちら

この記事のお問い合わせ先:

大阪市阿倍野区のいえさき歯科

☎06-6624-4500

公式HPは⇒こちら

ページトップへ