大阪市阿倍野区西田辺にある歯科 審美治療・矯正治療なら いえさき歯科へ

いえさき先生のコラム

コラム口腔筋機能療法審美歯科

スマイルのための口元トレーニングとは!

スマイル☺の基本は、口をきちっと閉じた状態から口角を挙げ、前歯から奥歯にかけてのラインを自然に見せることです。

唇を形作る口輪筋を常に縮めてきちっと口を閉じているということが意外と出来ていないことが多いです。

貴方は、出来ていますか?口を半開きにしていたり唇をかむ癖があったり…。普段からポカンと口を開けている人は、

口輪筋が緩んでいる癖がついてしまっています。このような場合は、口をとじているだけでトレーニングになります。

また、口輪筋が緩るんでいいるとそれとつながっている頬筋も同時に緩んで場合が多いので、口輪筋だけのトレーニングだけでは、

あまり有効と言えません。口輪筋プラス頬筋をセットで鍛えるトレーニングがゆうこうです。

口輪筋と頬筋をセットで鍛えるにはどうすればよいでしょう?

鏡の前に座り、背筋を伸ばし、下顎を引いて自分の顔と上半身をよく見てください。体は、まっすぐですか?

顔がどちらかに傾いていませんか?それらを確認出来たら次の2つのトレーニングを行いましょう。

①「う」と発音する唇の形で止め、さらに上下の唇を前方に出してください。ちょうどタコの口でチューするようにです。

唇を強く閉じた様態からタコのチュー唇へです。そして10秒間キープしたのち、20秒休憩です。これを10セット繰り返します。

余裕があれば11セット12セットと増やしてみてください。

②次に上下の唇を強くしっかり閉じてください。「へ」の字ではなく自然な形で閉じられていますか?その様態で上下の唇にゆっくりそして強く力を入れ、

10秒ほどしたら力を抜く。そして強く力を入れ10秒ほどしたら力を抜く。そして20秒間休憩します。これを10セット繰り返します。

このトレーニングが「口輪筋ー頬筋」をセットで鍛えることに効果的です。姿勢が良いことと顔が傾いていないこと、唇の上下左右のバランスも確認しながらやってみてください。

口元のトレーニングによって筋肉は正しい収縮と位置を覚えます。正しい姿勢と顔のバランスを必ず鏡で確認して行うことが重要です。

次回は、スマイルトレーニングについてお伝えしますね。

 

この記事のお問い合わせ先:

大阪市阿倍野区西田辺より徒歩3分のいえさき歯科

電話:06-6624-4500

ホワイトニング専門HP: http://white-shine.com

いえさき歯科HP: https://www.iesaki.net