いえさき先生のコラム

マウスピース矯正に適した症例と適さない症例

2019.09.05 インビザライン矯正歯科

マウスピース矯正には、適した症例と適さない症例があります。

適した症例

1.抜歯がなくで、以下のような症例

  • 軽度のすき間がある
  • 少しのガタガタがありで歯列びを広げることによってかみ合わせの改善が見込まれる
  • 大きな歯の移動を必要としない

2.矯正終了後の後戻りの改善症例

3.抜歯症例であっても歯の移動量が少なく、かつ傾斜移動のみで改善が見込まれる症例

4.金属アレルギーを有する症例

適していない症例

1.歯を抜く必要があり、以下のような症例

  • 犬歯が傾いてている
  • 前歯部が大きく内側に傾斜している
  • 歯の大きな移動を必要とする
  • 患者の協力度が低い

2.乳歯列期、混合歯列期で顎骨の成長発育や歯の萌出の正確な予測が困難な症例

3.顔や顎の骨格に問題が有る症例

患者さんそれぞれについて詳しく調べてみないと正確には、判断できませんので、

お悩みをお持ちでマウスピース矯正にご興味があれば、無料相談をぜひご利用ください。

この記事のお問い合わせ先:いえさき歯科 電話06-6624-4500

ページトップへ